machinobunkasai 2020

news

マチノブンカサイ2020 開催のお知らせ

今年で9回目を迎える「マチノブンカサイ」。コロナ禍の渦中での開催に戸惑うところも多々ありますが、来年の10周年に向け、いつもと異なる「新しい生活様式」を実践した上での開催を決定しました。

 

マチノブンカサイの舞台となる旧内山下小学校は、歴代の岡山城主が隠居後に生活を営んでいた西之丸の上に建てられた小学校です。歴史あるこの場所は、閉校するまでの長い間、たくさんの人と人との出会いと成長の場でした。この場所をお借りしてマチノブンカサイを実施できることを誇りに思っています。

今年のマチノブンカサイは、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、以下のようなイベント内容を企画しています。

〇体育館では、岡山県内外のアーティストをお呼びし、メインステージを設けます。このエリアのみ有料チケットの購入が必要になります。会場内には入場者数に制限(従来の50%以下)を設け、間隔を保った上でステージを楽しんでいただけるようにいたします。

〇グラウンドの屋外ステージでは地元出身・在住ミュージシャンを中心とした小規模音楽フェスティバルを行います。ステージの周囲では地元商店主を中心に、有志の方による飲食屋台の出店と物品販売を実施予定です。また、グラウンドへの入場は人数規制を設けた上で、無料でご案内いたします。

〇校舎内で例年行っていたワークショップは、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、誠に残念ながら今年は取り止めることにいたしました。

見えない脅威を前にして不安は尽きませんが、しっかりと感染防止対策を講じた上で、より良い音楽祭にしたいと思います。「新しい生活様式」の実践のためには、会場でお客様を迎えるスタッフ、出演者、来場されるお客様のご理解とご協力が不可欠です。それぞれが一体となって新たなチャレンジでイベントを行うことは、マチの将来へ向けて、かけがえない財産になると感じています。音楽は人と人を結びつける力をもつ素晴らしいものです。音楽を楽しむために集まった仲間たちであれば、このチャレンジも困難なことではないと思います。

音楽の素晴らしさをわかちあい共有できるように、2020年も「マチノブンカサイ」を実施いたします。

2020.08.12