machinobunkasai 2019

artist

森山直太朗 (総合司会/ライブ)

1976年4月23日東京都生まれ。

少年時代より一貫してサッカーに情熱を傾ける日々を送るが、大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。

2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。

2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』の大ヒットで一躍注目を集めた。

その後もコンスタントにリリースとライブ活動を展開。独自の世界観を持つ楽曲と、唯一無二の歌声が幅広い世代から支持されている。

また、2005年には、デビュー当初からのコンサートでも垣間見せていたシアトリカルな要素を高めた劇場公演『森の人』を成功させ、2006年には楽曲の共作者でもある詩人、御徒町凧の作・演出による演劇舞台『なにげないもの』に役者として出演。音楽と演劇を融合させた独自の公演スタイルとなる劇場公演は、その後も2012年に『とある物語』、2017年に『あの城』が上演され好評を博しており、音楽だけにとどまらない表現力には定評がある。

2016年9月、デビュー15周年記念オールタイムベストアルバム『大傑作撰』をリリース。

2017年1月より過去最大規模となる“15thアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』”を開催。
同年11月、このツアーファイナルの模様と、同ツアーと連動して製作されたオリジナルドラマを収録したDVD&Blu-ray『絶対、大丈夫 ~15thアニバーサリーツアーとドラマ~』をリリース。
また、同じくデビュー15周年企画として、下北沢・本多劇場にて上演した劇場公演『あの城』を収録したDVD『劇場公演「あの城」』を2018年3月21日にリリース。

2018年8月22日には、ベストアルバム、ツアー、劇場公演と駆け抜けた15周年イヤーから現在に至るこの2年ほどの間に生まれ、折々の活動を彩った全11曲を収録したニューアルバム『822』をリリース。
レコーディングには、ジャンルと世代を超えた多彩なミュージシャンが参加し、デビュー15周年を経て、新たな一歩踏み出す森山直太朗の新たな息吹を感じる作品となった。
現在、そのニューアルバム『822』を引っ提げ、2018年10月~2019年6月まで、元号をも跨ぐ全51公演のロングツアー、“森山直太朗コンサートツアー2018~19『人間の森』”を全国各地で開催中。

https://www.naotaro.com/