高鈴 (岡山オーケストラ)

高鈴 山本高稲(ボーカル)、山口彰久(ギター)によるアコースティックユニット。 高らかに鳴り響く鈴のようでありたいと「高鈴(こうりん)」と命名。 1997年京都で結成。 2003年、SonyMusicよりメジャーデビュー。テレビ東京系アニメ『続夏目友人帳』のエンディング曲「愛してる」は日本のみならず海外からも評価される。 2009年、新たな音楽活動のあり方を模索して、自主レーベル「little dance music」を設立。 2012年、東京で弦楽プレーヤー23名と「高鈴オーケストラ」を結成し、高鈴の楽曲を弦楽合奏用にアレンジ。ポップスとクラシックの融合に挑戦し、高い評価を得る。 この活動での手応えから、各地の地元オーケストラと組んで地域から音楽を発信する活動がスタート。 第一弾は岡山の音楽家とのコラボレーションによる、「高鈴岡山オーケストラ」を結成。 また近年では、「すずのたびプロジェクト」として地方の学校や福祉施設など、訪問型ライブ を行い、来年「第30回国民文化祭かごしま2015」で子供達や市民の方との合唱発表にむけての 活動が進行中。