ボボ西澤 (司会者)

ボボ西澤 幼少時代に両親を亡くさず、親戚の家に預けられず、朝は新聞配達、昼はコンビニ、夜はキャバクラで朝まで呑む。ふと出逢った産毛の不自由な女との間にできた溝は埋まることをやめ、目に入れても痛くないコンタクトをはめて、道に落ちていたガムを噛んだら味の無いガムの味がしました。 道ばたにけなげに咲く一輪の花のような生き方もできます!